2014年12月30日

皆様、2014年もありがとうございました!!

昨日をもちまして、今年参加のすべてのイベントが終了しました!
最後の方バタバタしておりまして、それぞれのイベントにお越しいただいたお礼を申し上げておらずごめんなさい。

今年の出展でも、たくさんの方とお話できました!ものづくりをしていて、一番の宝物は人と出会えることだと思っています。
今年の後半は制作の時間が多くなっていたので、手づくりイベントへの参加が少なくなっていましたが、来年の前半はもう少し増えるかな?!今応募しているイベントもありますが、決まっているイベントはまだほとんどありませんので、決まり次第お知らせいたします。

今年は色々悩み、作品のラインナップに変更があったりで、探してお越し下さった方々にはご迷惑をおかけしてしまいました。
来年はもっと成長したironomoriをご覧いただけるように、たくさんたくさん勉強したいと思います!
いつも応援して下さる皆様、心から感謝しております。応援があるから続けてやってこれているし、それに応えるために自分が成長しなきゃいけませんね。頑張ります!!

そして今年は写真をたくさん撮りました(ほとんどスマホですが…)。
今までブログに載せてなかった写真ですが、これらも私の大切な一コマです。
また多くなりそうなので、ご興味ある方はよかったらお付き合いくださいませ…

airplane.jpg sendai.jpg

10年以上ぶりの飛行機に乗ったり、
中学時代から文通していたお友達と念願の対面をしたり、

yudonosan.jpg yudonosan1.jpg

イラストレーターさんと山を散策…だと思っていたらまさかの修行が待っていたり、
(街に買い物行く感じとのギャップが素敵ですね、と参加者の方が話かけてくれた 笑)
ここの山は色んなパワーが宿っていて、心が洗われたり、

curtain.jpg kissaten.jpg

時が止まった、素敵な家具やコレクションでいっぱいの空間でカレーをいただいたり、
昔ながらの喫茶店で、のんびり心地よい時間の流れだったり、

tantomarche.jpg goma.jpg

遠い土地で作家活動をしている方々にお会いできたり、
保存食もこんなかわいく並べられたらええなぁと思ったり、

gokou.jpg kirari.jpg

後光が射している感じが直線に見えてきたり、
京都タワーの上でキラリと聞こえてきそうなくらい太陽が光っていたり、

youkan.jpg dessert.jpg

衝撃のおいしさだった栗がたっぷりのようかんをいただいたり、
次の日食べるものもすっかり忘れて、ただ食べたいものを本能のまま頼んだり、

osushi.jpg suirokaku.jpg

行列の後は素敵な素敵なお料理が待っていたり、
久々に紅葉を観光スポットに見に行ったり、

lunch.jpg ohiru.jpg

現地の食材を使ったお料理のお店はレトロな横丁みたいなところにあったり、
修行の後のご飯は素材にこだわったシンプルなご飯で、体に染み渡る感じを味わえたり、

wateishoku.jpg onigiri.jpg

おもてなし大好きな主婦さん、小料理屋さんみたいなランチを出してくれたり、
今も恋しい、おばちゃんが握ってくれた毎朝のおにぎりバー、きっとおばちゃんに癒されてたんだと思いだしたり、

chikurin.jpg chikurin2.jpg

お昼の竹林も爽やかでいいし、
所も変わって夜の竹林も何だか妖艶な感じが魅力的だったり、

ike.jpg ike1.jpg

こちらも水面に映る対決、太陽の日差しが強いからなのか、映ってる景色がすごい力だったり、
紅葉はやっぱりこの写真撮らなきゃ、と必死に写真を撮っていたり、

yuuyake.jpg sora.jpg

あまりに平和すぎる夕焼けを見て泣きそうになったり、
この夕焼けを見た日、20年ぶりくらいに引いたおみくじが2つとも大吉で、四葉タクシーも久々に発見し、次の日この夕焼けの色によく似た毛糸をいただいたり、

bukkouji.jpg uma.jpg

伝統と新しいものが共存していく、双方が同じ方向に向かっていくんだなぁという姿を目の当たりにしたり、
まさに馬が駆け抜けていくような、1年でした。

今年は特ににたくさんたくさん考えることがありました。
答えが出なくて悶々とした日々も、必ず未来につながる大切な時間なんだと思います。
迷子になっても、疲れて歩けない時も、必ずそばに誰かいてくれる、心の中にいてくれる、そう思ったら温かい気持ちになってきました。

今年も1年本当にお世話になりました!!
来年も笑顔でお会いしましょう、よいお年をお迎えくださいませ〜!
posted by ironomori at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: